店創りのアシスト

お好み焼・さとみ様リニューアル

お好み焼・さとみ様リニューアルの打合せを1991年春開始。オーナー(お母さま)のご意向は「おまかせします」だったが、姉妹のお二人は「友達を招ける店」では一致していたものの " クラッシック " ・ " モダン " とお互いに譲る気配はなかった。

熟考の末
1.長期間、改造しなくてもよい ” ホンモノ ” の造り
2.女性受けする”スイス民家風”
と、どちらにも関与しないプランを提案。意外にもお二人の同意を得た。

着工時の図面は入り口が左側になっていたが、工事中に入りにくくなるのでは?と不安を感じ急きょ施工業者さんに無理をお願いして今の位置にやり直してもらった。

旭進ガスさんは出来上がっていたテーブルが寸法的に微妙に合わないと新たに作り替えて現場に納められた。 私のワガママにつき合ってもらい本当に申し訳なく思った。

 

さとみ様は設計着手時すでに創業30年近い老舗。元祖であるそばロール(オムそば)そして、おでん入りお好み焼きなどでテレビで紹介されたことは数知れず。

さとみ カウンター

今に至るも取材と放映が繰り返しされている。店はそれまで内外装・設備は近くの工務店で厨房機器はミナミの道具屋筋でとトータルでの企画設計監理の依頼は今回が初めてのようであった。
店は4半世紀ほど過ぎた今でも問題なく時代に対応できている。尚、ロゴマークは妹さまの作品。
(松永デザイン事務所)

広島風 お好み焼 とことん様

親戚のお好み焼屋さん(超繁盛店)主導と指導で店を造り開業。時を経て経験を積み自信も芽生え、自分の思い通りの店に作り替えたいとの思いが強まり改造を決意。

併せてその親戚より貸与の屋号も自分の考え抜いた新屋号に変更したいと。

2001年春 打ち合わせ開始。
思いは強くとも具体的な要望が整理できていなかったため1~2ヶ月の熟慮期間を設け、考えを固めて頂くことを提案。そして機も熟し、夏の初めに本格的に打ち合わせ再開。

 

改造前は焼き台を兼ねたカウンター席のみだったが、その印象を残しながらも今までになかったゆったりとしたテーブル席三つを新設。グループのお客様に楽しく食事していただく構成を考慮。それに待合も新たに設けた。(松永デザイン事務所)

Copyright© 2014 有限会社 旭進ガス器製作所. All Rights Reserved.