たい焼きパフェ たい焼き器

たい焼き器 タイパフェ

たい焼き器 たい焼きパフェ(鯛パフェ) 業務用ガス式

 

たい焼きパフェ たい焼き器の重さ

たい焼きパフェ(鯛パフェ)は名前の通り、フルーツやアイスなどを入れるので、完成品には厚みが必要になります。
厚みを持たせるために、普通のたい焼きの鍋よりも厚い鍋になります。
鍋を厚くすると、その分、重たくなります。

 

一日に数十回、お店によっては数百回、たいパフェを焼くと腱鞘炎や腰痛、などの原因になったりします。

 

かなりの重労働なのです…。

 

旭進ガスでは、焼く方の負担をできるだけ、少なくするために、
鍋の厚みを抑えて、淵に高さを持たせています。
これだけでもかなり、手首にかかる負担はかわります。

 

ちなみに、パフェはフランス語で「完全な」という意味の parfait (パルフェ)から、「完全な(デザート)」の意味からきているそうです。

 

たい焼き器 たい焼きパフェ たい焼き器 たい焼きパフェ たい焼き器 たい焼きパフェ 鍋の厚み

たい焼きパフェ(たい焼き器)にテフロン加工は必須

たいパフェ(たい焼き器)にテフロン加工は必須です。鍋の口のところにRがかかっているため、ポロっと鍋から離れなければRにひっかかり口がちぎれてしまうと商品にならなくなります。

そのほか、鉄板にもご注意ください。鉄板が薄いと、使ってるうちに鉄板が反ってしまうことがあります。鉄板が反ると、油がかたより均一にひけなくなり、焼きにくく、仕上がりにも差がでる原因にもなります。

たい焼きパフェ(たい焼き器)について

旭進ガスの製品は全て自社製造です。自社のキャラクター型の、たいパフェを販売したい、町おこし、イベントなどでキャラクター型の、たい焼きパフェを販売したい。また、ガス式、電気式、既製品にないサイズ、お店のサイズに合ったサイズ、他社で制作された、たい焼き器(たい焼きパフェ器)の修理や再テフロン加工など、なんでもお気軽にご相談ください。

Copyright© 2014 有限会社 旭進ガス器製作所. All Rights Reserved.